人気ブログランキング |

タグ:トレッキング ( 19 ) タグの人気記事

LOGOS:SURMOUNT 30

a0023174_22303378.jpgん十年ぶりにザックを新調しました。と言っても、タバコの景品で当てたのですが(笑)。それが、ロゴスのサーマウント30。18リットルのデイパックに収まりきらないとき用として手頃な容量(30L)だったので、ロクすっぽ調べもせずにポチポチ応募ボタンを押していた次第。で、ブツが届いたから確認しよう、そうしよう、と。
a0023174_22350215.jpg後から調べてみたら通販で1万円強という、この手の商品の中では安価な部類らしい。さりながら、割り切った感はあれど、素材や縫製に安っぽさは(余り)感じませんでした。なんせ景品としてラインナップされるくらいの商品だったので、そこらへんに不安を感じていたのですけれど、ぜんぜん許容範囲。

見て触った範囲では「軽く・動きやすく・手頃な価格で」が優先されている風。背負った感触は良好で、本体が細身なだけに腕・肩の自由度が高いです。
a0023174_22350256.jpgメインは1気室でアクセスは上方からのみ(つまり、ただの袋)。それ以外にもポケットはあれど、最小限かつ作りがいささかチャチなので、とりあえず小物を入れられる場所はなくはない、程度。ボディ外側に重量物をくくれるような構造物は何もなし。天蓋のロックがベルト2本なら何かしら(私の場合は主に寝袋の)固定のしようもあるのだけれど、短めの幅広ベルト1本止めのため、それも不可。よって、本体内だけで荷造りを完結させなくてはならない。超コンパクトな寝袋ユーザーでもない限り、「デッカいデイパック(日帰り専用ザック)」という存在かしら。
a0023174_22303636.jpgあとは、小枝に引っかけやすいメッシュ地の多用が気になるものの、細身だから避けやすそうな(不意打ちが少なそうな)気配はあります。いまどき装備としては、スマホのヘッドフォンの通し穴やら、パッキングした水筒からの給水ホース通し穴やらがあり(私ゃ使わんけど)。そうそう、底に収納されているレインカバーは意外なほどしっかりした生地が使われてました。

総じて。日帰りハイキングなら、全然オッケーな商品じゃねぇかな、と。背負う派ならオフ車の連泊ツーリングにも向いてそう(テント泊じゃなければね)。ただし、この手のアイテムは「高いモノほど良い」のが通例で、かつ、ユーザーによる後付けの工夫を受け入れてくれる度量もないので、価格なりのある種の割り切りは必要になろうかと。私自身は「タダでもらった、デッカいディパック」としてありがたく使わさせていただきます。


by onionjk | 2017-07-15 23:59 | Monoもの | Comments(0)

ブーツの季節

a0023174_20140675.jpg先週の半ばくらいから、沖縄でも肌寒い風が吹くようになりました。足元が蒸れる期間、玄関の片隅で休んでいた RedWing 6インチブーツの出番です。てことで、本日ホコリ払いカビ払いオイル塗り。

思えば、このブーツも購入から10年を超えてました。表面にヒビがきているけれど、まだまだ現役、かな。
a0023174_20140619.jpgもともとのクレープソールが1年余りで擦り切れてビブラムに張り替え、その後3年経って再度ビブラムに張り替えてから6年経過。暑い間は余り履かなかったとはいえ、まだまだソールが残ってます。鉄道とバイク移動が主体だった東京と、ほぼクルマ移動の沖縄との行動習慣の違いが歴然ですねぇ。

なんせ県内では「少しは歩け、うちなーんちゅ」やら「沖縄って歩かない県なんだ…」なんて自虐的なテレビ広報が打たれているくらいですからね。うちなーのないちゃーも少しは歩かにゃ(笑)。


by onionjk | 2015-11-01 20:33 | 沖縄ぐらし | Comments(0)

Columbia: Shasta Ridge Mid Omni-Tech

a0023174_21521038.jpg1年前、名護岳を登っている最中にトレッキング・ブーツのソールが剝がれてしまってから早一年。以来、新たな靴に買い替えることもなしに、ビブラム底のレッドウィング一本で過してきたのですが、さすがに沖縄では暑いときに暑い! てことで、野山の道具として割り切った、安いブーツを購入することにしました。そして目に留まったのが、コロンビアのシャスタリッジ(ミッド)であります。メーカーサイトに情報がないので、まず型落ち品でしょう。通常価格1万ナンボのところ、お値打ち価格の5,490円也。カラーリングは3種類あったものの、在庫でサイズが合うのは緑/黄のみという哀しい現実。キライな色味でなかったので救われましたけどね。
a0023174_21521012.jpgアッパーはジャージ調の柔らか素材。ゴアテックスじゃないけれど(肌触り的にはエントラントっぽい感じ)、いちおう防水・透湿らしいです。まぁ、1万円の商品の防水機能なんてアテにはならないので、防水スプレー2回掛け。って、これも気休めか(笑)。

ついでなので、革ブーツの手入れもしておきました。
a0023174_21520914.jpgソールは結構シッカリしてます。なんだけれど、ごっついビブラム底の革ブーツに馴染んでしまった足には、柔らかくも頼りなく感じられてしまう。足の指の爪の上までプロテクターが回っていないのも、ちょと心もとないかなぁ。ただし、その分、スニーカー並みに軽く感じられるし、フィット感もイイ感じなので、まぁ、なんだって一長一短でございますな。

その他、今日一日履き続け感じたことは、意外に蒸れて暑いゾ、ジーパンには似合わないゾ、といったあたり。とはいえ、野山限定利用なんだから許容範囲です。なんたって、安い買い物だったんですから!
by onionjk | 2014-03-23 22:23 | Monoもの | Comments(0)

ひっさびさの、やんばる周遊ドライブ。

a0023174_22311020.jpg土曜日の朝、満潮前に海に繰り出して久々のSUPを楽しむつもりが、寝坊。朝に弱い私の場合よくあることとはいえ、なーんか気持ちが収まらなかったので、これまた久々となる北部周遊ドライブに向かうことにいたしました。西側海岸を国道58号で辺戸岬に向かい、そのまま県道70号で東側を回って331号で戻ってこようという、至ってシンプルなルート。

ちなみに、本部半島の先に足を踏み入れるのは、3年ぶりくらい。まして、本島最北端である辺戸岬を目指すのは、琉大卒業以来だから20年ぶりくらい(笑)。
a0023174_22311183.jpg名護を過ぎて最初に立ち寄ったのは、比地大滝キャンプ場。学生当時はバイクに一人用テントを積んで泊まりに来たり、卒論の川魚調査で来たりと、個人的に馴染み深い場所です。ただし、随分と様変わりしてましたが。

管理小屋で入園料500円を払い、足を踏み入れて最初に目にするのはキッチリ整備されたテントサイト。その先に進むと砂防ダムがあり、付近はいろいろ土木工事中。こういう生々しい現場を見ると、もともと生物を先攻していた私にとってはどうしてもネガティブな影響に関心を払ってしまうところ。ただ、環境保全やら地域振興やら災害予防やら、いずれも簡単には語ることのできない話題なので、バランスの取れた開発を進めてもらいたい、ですね。
a0023174_22311143.jpg比地大滝までは、遊歩道がキッチリ整備されています。昔は鬱蒼とした森のじめじめとした斜面に、申し訳なさそうというか、一応は人が歩くことを考慮してみましたレベルで板が敷かれていて、ハブに気をつけながら歩いてました。なので、ちょっと開け過ぎたんじゃないの?という感じ。遊歩道自体も、昔のルートよりも陸側に寄って(上がって)いるようです。
a0023174_22311123.jpgルート中盤に架けられた、ちょっと趣のある橋。昔は橋なぞなくって、ここらへんから川を渡って、そのまま川敷を上がっていきました。
a0023174_22311808.jpgそしてルートの最後に、比地大滝。管理小屋からゆるりと歩いて30分くらい。遊歩道恐るべし。

ちなみに、大学の卒業研究でヨシノボリを調べにきたときは、右側の崖をよじ上って滝の上まで調査しました。今やったら、怒られるんだろうな。てか、今の歳でソレやったら、完全に不審者扱いだろうな(笑)。
a0023174_22311822.jpgそんな感じでキャンプ場を後にし、58号の対岸にあるオクマビーチを覗いてみれば、ビーチには砂浜しかなかった当時のひなびた雰囲気が失せていたので素通り。58号に戻り、北上。

当日は大潮で、国頭に入った頃にはエライ引きっぷり。せっかくなので、クルマを止めて散策してきました。
a0023174_22311856.jpgよくもまぁ、コイツら生き延びてるもんです。
a0023174_22311927.jpgそんなこんなで、辺戸岬に着いたのは出発から3時間半ほど経過した13時過ぎ。
a0023174_22312463.jpgちょと分かりづらいですが、写真中央左側に与論島が写ってます。沖縄がアメリカ統治下にあった頃には、海を挟んで篝火を焚いて励まし合っていたという間柄。

ちなみに、太平洋戦争の終戦が1945年、奄美の本土復帰が1953年、沖縄の本土復帰が1972年。幼少期にフィンガー5が流行り、沖縄を舞台にしたゴジラvsメカゴジラが封切られ、祖父母から海洋博覧会の土産をもらっていた私にとって、復帰間もない沖縄というのは「幼い頃の遠い記憶」として処理されていたんですけれど、私が最初に沖縄で暮らしていたのは27年間に渡る占領終了からタカダカ十数年後だったと。歳をとって時が堆積してみると「時間」の捉え方がずいぶん変わってくるもんですね。
a0023174_22312422.jpg辺戸岬周辺は、石灰岩がゴロゴロしてます。残波岬の荒々しさと、本部半島のカルスト地形が混ざったような、ちょと面白い風景かも。
a0023174_22312488.jpgこの頃にはさすがにお腹が空いてきたものの、きっとあると思ってたパーラーがなくって昼ごはんを食いっぱぐれ。なーんか、もーいーや、という気になって、後はひたすらクルマを走らせることになりました。クネクネとした県道70号で運転を楽しんでいたのも束の間、国道331号に入ったあたりから膀胱が圧力弁の開放を要求しはじめ、しかたがないから宜野座から自動車道へ。伊芸PAで小用と食事を済ませ、自宅に戻ったのが17時過ぎ。約7時間半、距離にして約260kmのドライブでありました。

ネイキッド購入から4年5ヶ月、こんなに続けて運転したのは初めて。やっぱり軽自動車のシートはお尻が痛くなるものである、という結論を得ましたよ、と。



by onionjk | 2014-03-03 00:48 | 沖縄ぐらし | Comments(0)

名護岳に登ったら、パックリ。

a0023174_22195734.jpg名護岳に登ってきました。グルリと巡って3時間ほど。

本日は曇天だったけれど、幸い雨にはたたられず。山頂からは東シナ海も太平洋もキッチリ拝めました。写真で名護市街地の向こうに見えるのは本部半島。

久方ぶりに健康的なコトをいたしました。


a0023174_22195914.jpgなんだけれど、登りのココカラ急斜面!ってところでKaylandのブーツのミッドソールがカカトから剝がれてきました。仕方ないのでパコパコ音をさせながら登り、山頂で手持ちのヒモで応急処置をして、またパコパコと歩き進めましたよ、と。

このブーツは、まだ石井スポーツ本店が新大久保にあったときにバーゲンで買った代物。もう7〜8年は経つのかなぁ。東京に居る時はソコソコ使ってましたが、沖縄に引っ越してからは年に2回も履けば良い方で、もっぱら押し入れにしまいっぱなし。そんな状態だと、やっぱり樹脂部が乾いてモロくなりがちですね。まぁ、ヘビーな山道で壊れずに助かった、のかな。謹んでご冥福をお祈りいたします。

しっかし、今の使用頻度じゃ、新しい登山靴を買うのも悩ましいなぁ。
by onionjk | 2013-02-09 22:38 | 沖縄ぐらし | Comments(0)

RedWing 8131 (6"Boot):久々の靴磨き

a0023174_1918191.jpgぼちぼち乾いてきてしまったなぁ、と思いながら履きっぱなしで手入れを怠っていたレッドウィングのブーツ。先週、別の靴でトレッキングに行ったのがキッカケとなって、遅まきながらミンクオイルで磨き上げました。

気づいてみれば購入してからもう7年くらいになります。さすがにソールは2度張り替えているとはいえ、使用頻度が高いというのに、まだまだ現役。この手のブーツはよくもつなぁ。

もっとも、沖縄に越して来てからの2年半はアクセルぐらいしか踏んでないか。

そりゃ傷みも少ないわな。
by onionjk | 2012-02-26 19:37 | Monoもの | Comments(0)

BE-PAL

a0023174_21261957.jpg御用の向きで本屋で買って来たBE-PAL。

・・・まだ売ってたんだなぁ。創刊したときは、なんて素敵な雑誌が出たのだろーと嬉しがったものだけど、だんだん内容が陳腐化してきて買わなくなった雑誌の一つであります。モノ・マガジンも同類項ですね(笑)。最後に(それも久方ぶりに)買ったのは、前世紀の出来事ではないかしらん。

継続は力なりなのか、ギリギリ低空飛行なのかは存じ上げないけれど、久しぶりに懐かしい雑誌とのご対面でありました。
by onionjk | 2012-01-26 21:31 | Monoもの | Comments(0)

砂辺の海辺で干潟歩き。

a0023174_1810339.jpg天気は良いけど、海のコンディションがよろしくないので、潜水の代わりに干潟を散策してまいりました。


a0023174_1810376.jpg台風11号と12号に挟撃されているので、いつもより波が激しいかんじ。


a0023174_1810478.jpg一方こちらはタイドプールに残されたルリスズメダイたち。

環境は穏やかだろうが、あっちぃだろうねぇ。


a0023174_1810471.jpgそして、サンゴにマハゼにナマコにクモヒトデ etc.。

チッコイ生き物のチッコイ世界を覗き込むのは、ガリバー気分で楽しいもんです。
by onionjk | 2011-08-28 18:18 | 沖縄ぐらし | Comments(0)

やんばる川巡り

a0023174_2350118.jpg琉大の同期とヤンバルの川に行ってきました。

昨夜、結構な集中豪雨があったあとだけに、川の様子もビミョーかなーと思ってはいたものの、学生の頃と違って天気にだけ合わせてフィールドに向かう時間的なゆとりがあるわけでもなし。結果、行けるときに行くしかありませぬ。

昼過ぎは小雨混じり、夕方前から本降り。川の増水は見込んでいたけど、思っていた以上に混濁しておりました。


a0023174_2350439.jpgさすがに魚影は少なく。

でもまぁ、1本目の川で繁殖期にあるクロヨシノボリの雌雄を見かけましたよ、と。

やっぱ天然モノは、色がキレイだなー。
by onionjk | 2011-05-01 23:59 | 沖縄ぐらし | Comments(2)

ヤンバル、冬の川。

a0023174_22262366.jpg大学時代の同級生とヤンバルの川で魚類調査をしてきました。天気がグズついて気温も低かったものだから、胴長を着て水に浸かるとさすがに冷え冷え。しかも途中で足を滑らせて胴長の中に水が入り込んでしまったものだから、ナンともハヤな感じでありました。

とはいえ。

こういう自然の中に入るのは気持ちいいし、しかも研究のサポートにもなっているのであれば、一粒で二度美味しいってもんです。端から見たら、イイ歳したオッサン二人が何やってるんだろう?と不思議に思われるに違いないでしょうが、ね。
 
by onionjk | 2011-02-12 22:35 | 沖縄ぐらし | Comments(0)