人気ブログランキング |

HONDA MD90:シート張り替え#5 シートフレーム腹面の下ごしらえ

a0023174_21093938.jpg昨夜、シートフレーム背側の塗装後にマスキングを外したら、養生テープの粘着剤が意外なくらい残っていたので、本日の作業はエタノールによる周辺部の拭き取りから。ちなみに、なんで全面スプレー塗装で済ませなかったかといえば、シートフレームに取り付けられている吸盤つきゴム脚が、一度外したら戻せなくなるんじゃねぇかと懸念されたから、でした。

粘着剤を除去してから、気になる箇所にサビ転換剤。

a0023174_21093941.jpgシートカバーをかけるツメが完全に折れていた箇所が1つだけあったので、何か手はないか考えてみる。手元にある部材から選ぶとなると、紙フォルダのファスナーなんて、どうかな。

a0023174_21093982.jpg適当な大きさ、適当な形状にハサミで切断。何せ指先の力で曲がり、ハサミで簡単に切れるくらいヤワな部材なので、二枚重ねにしてみる。

a0023174_21093905.jpgゼリー状アロンアルファでシートフレームに接着。

実際のところ、シートカバー取り付け時にパカッと外れてても仕方ないよな、くらいで捉えています。取り付け作業を生き抜き、PVCが伸び切るまでの間、そのテンションを保持してくれたら、それで御の字。

a0023174_21093988.jpgそして最後にラジペンを手に取り、捩じれたり折れ曲がったりしているツメの姿勢を、破断しないよう慎重に正す。これにて本日の作業は終了。

さてさて、あとは腹側を塗装すれば、シートフレームの作業が終わりまするな。


# by onionjk | 2019-05-02 21:41 | バイクの話 | Comments(0)

HONDA MD90:シート張り替え#4 シートフレーム背面の塗装

a0023174_18205398.jpg一昨日の月曜の夜、パテ盛りの後処理を済ませたあと、塗装に向けて、シートフレーム腹側をチラシと養生テープでざっくりマスキングしておきました。塗装の主目的はサビの発達抑制にあることはモチロンなのですが、一方で、サビキラー・黒サビ転換剤・パテ・サビ・鉄と、様々な素材でシートフレーム表面が彩られているので、上から塗装してアンコとの接触面を均質化させてやろうというのが裏テーマ。たぶんに気分的な話ですけどね。

その翌日の火曜、平成最後の日は天気は悪くもなかったものの、強風。スプレー塗装には不向きな陽気。よって、順延。

a0023174_18205399.jpgそのまた翌日の今日、令和最初の日は雨天。風も残っている。しかも、この陽気は明日も続きそう。だからといって、このままだと一向に作業が進まないので、室内で強行決定!

ベランダ近くに作業スペースを設け、窓を開け換気扇全開でスタンバイ。ミッチャクロン、Holts のプライマー&つや消し黒を用意。

a0023174_18205407.jpg雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、腰痛ニモ部屋ニ籠ル溶剤臭ニモ負ケズ…

傍らでパソコン仕事しながら、40分おきにキッチンタイマーで呼び出され、スプレーすること都合6回(3種×2枚)。

a0023174_18205300.jpg黒塗装の1枚目を終えたところで、水滴が付着して、塗装が3カ所浮いていることに気づく。いつの間にか、雨と風に負けていたのです。

だけど、そんなん関係ねぇ!(どうせ隠れる面なのだ)とばかりに、最後の1枚を塗って、本日の作業・終了。

a0023174_18205302.jpgやっぱり、室内だと光の加減でスプレームラを確認しづらく、かてて加えて痛む腰のせいで体の自由が効かなくって、かなりラフな塗装となりました。しっかし、我ながらパテ盛りが雑(笑)。ほとんど、冷えた溶岩ですな。

さて、十分に乾かしてから、こんどは腹側の処理だ


# by onionjk | 2019-05-01 18:55 | バイクの話 | Comments(0)

HONDA MD90:シート張り替え#3 シートフレームの下地処理

a0023174_20123407.jpg金曜日

水曜日のサビ削りに続き、サビ表面の黒サビ安定化のため、腹側と背側の全面を希釈したサビキラーで筆塗り。

a0023174_20123538.jpg土曜日

穴が空くほどのサビをどう処理するか、ポクポクと考える。あんまり広い範囲をパテ埋めしてしまうと、いずれサビが膨張したり表面のサビが剥離したときに、パテ全体がゴソっと剥がれるような、いささか危険な香りがするんですよね。思案の結果、穴の周辺、剥離して薄くなっている面や断面など、背側のダメージの大きいポイントに限定して、接着力の強い金属用エポキシパテを用いることにしました。

a0023174_20123555.jpgということで、スポット充填!
いや、全然、スポットじゃあ、ないじゃないか…。

いわゆる、計画倒れ。

a0023174_20123515.jpgかくなる上は、毒くらわば皿まで。かかる範囲全体をパテ埋めすることと相なりました。

パテ盛りしなかった範囲には、(前段でサビキラーで処理していたとはいえ)念のため、皮膜を生成するタイプの黒サビ転換剤を筆塗り。

a0023174_20123545.jpg日曜日

1日おいて、黒サビ転換剤の皮膜とパテの乾燥にあてる。だがしかし。
ここで痛恨のギックリ腰。

a0023174_20123447.jpgそして今日、再び月曜日。

硬化したパテにエッジやツノが残っているとアンコを傷めそうなので、痛む腰をだましだまし、気になった箇所だけ400番の布ヤスリを当てる。

以上、外観を気にしないで良い面だけに極めて雑な作業となりましたが、これにて下地処理、オシマイ。あとは、塗る、だな


# by onionjk | 2019-04-29 20:48 | バイクの話 | Comments(0)