カテゴリ:いきもの係(水中篇)( 112 )

60cm水槽:イソギン往古来今

a0023174_12142580.jpg事務所水槽で暮らすイソギンチャク絡みの話をば。

2016年7月。
白点病が蔓延した水槽を立ち上げ直し、他界したクマノミの代わりにカクレクマノミを導入したものの、暴君ミスジリュウキュウスズメダイ(当時6年目)にプレッシャーをかけられる毎日。そこで、カクレの避難壕にタマイタダキイソギンチャクを導入したわけですが…。
a0023174_13060192.jpg2016年8月。
導入から2週間ほどで白化。ウチの水槽には冷却装置がなく、夏場の水温が32度くらいまで上がるのが原因か、褐虫藻が抜けた様子。
a0023174_12142591.jpg2017年8月。
導入から1年で大きさ半減。この頃は、月1回の頻度で刺身の切れ端を与えてました。
a0023174_12142596.jpg2018年10月。
導入当初は手の甲くらいの大きさだったものが、2年経過したこの夏場から急激に衰退し、高さ2cmの500円玉大まで縮小。定住生活から放浪生活にかわり、光を避けている印象を受けています。以前、独立したクマノミ水槽を立てていたときに導入したタマイタも、その末期に同じような行動をとっていたので、恐らく緩やかな死を迎えているのでしょう。
a0023174_12142511.jpg少し遡って、2018年4月。
水槽を大掃除しているときに、ちっこいイソギンぽい生物を再発見。実は前年の秋頃にその存在は認識していたものの、ミスジが底砂を巻き上げるおかげで見失っていたのですわ。発見当時は上からしか観察できなかったので、オニヒトデにも似た外観にイヤな印象しか受けなかったんですけど、横から見たら明らかにイソギンだったよ、と。相変わらず濃い色してたので、水槽照明がよく当たるところに置いておきました。しっかし、どこから紛れ込んできたのやら。
a0023174_12145239.jpg再び、2018年10月。
高水温となる夏場をやり過ごした後も、白化もせずに色が濃いまま。しかも、1年前は1円玉くらいだったのが、500円玉にまで成長(ただし薄っぺらい)。やはり、天然環境で育ったタマイタと違い、小さな頃から水槽で暮らしていると、悪環境が当たり前になるんでしょうかね。雰囲気からすると、サンゴイソギンチャクぽいような。少なくとも、はた迷惑なヤツではなさそうなので、このまま推移を眺めてみるつもりでおります。


[PR]
by onionjk | 2018-11-03 13:31 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

石灰藻をサンポールで溶かしてみる。

a0023174_20320473.jpg春先のこと。60cm 事務所水槽にセパレーターを取り付け、暴君ミスジリュウキュウスズメダイ専用区画と、カクレクマノミとニセモチノウオが暮らす区画の2つに分けていました。
a0023174_20435260.jpg市販品のセパレーターの穴が余りに小さかった(直径2mmくらい)ため、より水が出入りしやすい様にドリルで大きめの穴を追加しておいたものの、上の写真の通り両区画で環境が変わり、ミスジ隔離区画はピンク色した石灰藻が繁茂。そして、気を抜いているうちに、スペースの都合で隔離区画に設置していたマメスキマーまでもがピンク色に染まっていたのでした。
a0023174_20320411.jpgで、先週のこと。石灰藻ばかりかヌメヌメの藻まで繁殖していたので、マメスキを洗浄することにしたのです。普段は水道水でブラシがけで済ませているのですが、藻が落ちにくい場合はカビキラーを併用している私。しかしながら、石灰藻はカビキラーで死滅させても石灰質がガラスに残ってしまう。そしてソレはブラシでやすやすと落ちるモノではない。

そんな折、石灰質ならば、尿石を溶かすサンポールで落ちるんでねぇの?と気づいた次第。
a0023174_20320488.jpg学生時代の昔から、薬品に対し良くも悪くも鈍感な私は、サンポールの原液を石灰藻に直接カケフ。そしたらもう、傷口に垂らしたオキシドールが如く、一瞬にして石灰藻から気泡が発生いたしました。目にも明らかな「混ぜるな危険!」反応ですな。さらに歯ブラシでこすり、十分に水洗い。
a0023174_20320491.jpgあぁ。やっぱりキレイなガラスは美しい。
(そして水槽ガラスには目をつむる)

なお、サンポールは、肌に直接触れるとヒリヒリするくらい酸性が強いですし、まして、歯ブラシを併用するとソレが広範囲に飛び散ります。原液が付着すると恐らく金属は変質するでしょうし、衣服やコンクリなぞは穴が空くかもしれません。よって、水道水で希釈(5倍とか10倍とか?)した水溶液をプラスチック製バケツに入れ、塩素ガス対策で風通しの良いところへ置き、その中にアイテムを一晩くらい浸け込んでから水洗い&ブラシがけするのが、安全なのでしょうね。

しっかし。本来のトイレ掃除以外に、サビ落しはおろか石灰藻落しにまで使えるとは、やるなサンポール。


[PR]
by onionjk | 2018-10-21 21:15 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

水槽用エアポンプ(寿工芸 SA-1500S)のモーター交換

a0023174_22414152.jpg60cm水槽に装着したマメスキマーを駆動していたエアポンプの騒音が余りに酷くなり、手元にあった予備の静音ポンプと交換したのです。が、しかし。平穏だったのは2日くらい。早々に騒音ポンプと化しました。

振り返ってみれば、予備化した原因は相対的に五月蝿かったからで、しかもコレ、購入から6年以上経過した一品だった訳で。まぁ、無理もなし。
a0023174_22410182.jpg考えてみたら、今までポンプが五月蝿くなったら本体ごと新品交換してきたので、部品交換をしたことがありませんでした。だったら試してみようかい、と思い立ったわけです。

作業対象は、コトブキのサイレントエア SA-1500S というモデル。交換部品は「サイレントカートリッジ K-167」約460円也。本体が千円ちょいくらいですから、これで症状が改善されるのであれば、大いにお得なのであります。
a0023174_22410138.jpg本体をひっくり返し、裏面のネジ5本をプラスドライバーで抜くと、上側のカバーがカポッと外れます。
a0023174_22410179.jpgカートリッジを固定している2本のネジを外し、裏面からL字型の排出ノズルを引き抜いてカートリッジを摘出。

写真左のカートリッジが劣化品。ヴーヴー五月蝿かったクセに、両方並べたままトイレに行って帰ってきたら、どっちが新品か分からなくなりそうなくらい、キレイな外観をしとりました。トイレは我慢して、さっさと交換してしまいましょう。
a0023174_22410153.jpg交換後の姿。さっそく電源を入れてみたら、明らかに静か。
これは良い買い物をしたとほくそ笑みながら、バラした部品を逆の手順で組み付けたら、作業完了!
a0023174_22410163.jpgそして、本来あるべき場所に戻してチューブを繋いでみれば、当社比-75%くらいの静粛化。

写真の通り、エアポンプはエーハイムの外部フィルターと共に、壁面近くに設置した木製水槽台に収納しています。よって、ポンプの状態によっては、その振動と音で水槽台が箱鳴りしやすく、さらに壁面で音が反射しまくるという、見事なくらいに悪条件の重なり具合なのですね。

でもねぇ。いまのレイアウトだとココしか水槽と水槽備品の置き場所がないんだよなあ。
そんな訳で、ノイズの発生源でコントロールしてくしかないじゃん、なのでした。


[PR]
by onionjk | 2018-10-16 23:29 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:8ヶ月ぶりに外部フィルターを洗う。

a0023174_20005238.jpgちかごろ外部フィルター(EHEIM Classic 2215)の水流が弱まってきた感があったので、久々に清掃してやることにしました。思えば、夏前に白点病が蔓延した時に洗ったのが最後だから、実に8か月ぶり…。ということで、徹底的にやらなくっちゃ。
a0023174_20005374.jpg水流が弱まったときって、ろ材の目詰まりよりもホース内の藻類繁茂の影響が大きいような気がしています。実際、写真の通りでしたしね。
a0023174_20005375.jpgかといって、新しいホースに取り替える気もなかったので、ブラシでゴシゴシ藻類退散!
a0023174_20005377.jpgスッキリ。

粗目と細目のフィルター2種を新品交換、ろ材も半量交換し、イソギン吸引防止でストレイナーに被せていたフィルターまでも交換。ついでに蛍光管も1本替えて、やりきった感あり。
a0023174_20005350.jpg住人たちは元気です。去年の9月に隔離小屋から脱走したミスジリュウキュウスズメダイは、新参者のカクレクマノミとスカンクシュリンプをトコトンいじめ抜いておりました。挙句、すっかり負け癖がついてしまったカクレは、ニセモチノウオにもいじめられタマイタダキイソギンチャクからも追い払わられ…。やがてスカンクシュリンプまでも姿を見せなくなってしまったため、10月頃にミスジを再隔離しました。ミスジを隔離しようと水槽内を網でワサワサしているうちに、全てのサカナが人間嫌いになってしまい、とても寂しい気分…。なので昔の写真を掲載。
a0023174_20005382.jpgクリーナーとして雇っているマガキガイが冬場に相次いで☆になっていたので、本日2個体追加。早速ツマジロサンゴヤドカリが品定めしておりました。

…ヒトに怯えずに被写体になってくれるのは、甲殻類と貝類のみ、か。ちぇ。


[PR]
by onionjk | 2017-03-05 20:38 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:寿司くいねぇ。

a0023174_20240095.jpg今日のお昼はスーパーな寿司。
a0023174_20240073.jpgお酢は体に悪そうだから、
シャリの反対側を薄くスライスするよ。

…ハマチで良いよね?
a0023174_20240114.jpgたんと、召し上がれ!
a0023174_20240138.jpgそして、ヒトは
タマイタイソギンチャクのおこぼれを頂きました、と。

タマイタ導入から1か月。高水温の影響か、褐虫藻が抜けて白化してしまったので、給餌することにした次第。幸い、刺身を吐き出すこともなく、キチンと消化してくれている様子でありました。めでたしめでたし。


[PR]
by onionjk | 2016-08-03 20:32 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:ミスジ、脱獄に失敗す。

a0023174_23305977.jpg出勤して、水槽を囲っていたカーテンを開けたら、
パタパタもがく音がする。

はてな?と思って見てみたら…
ミスジリュウキュウスズメダイが網にかかってました。

エラを挟まなくてよかったねぇ。
さもなきゃ死んでたよ、あんた。
a0023174_23305933.jpgボチボチ頃合いかなとは考えていたので、
これを機に隔離小屋から解放。
一ヶ月半に渡るお勤め、ご苦労さんでした。

そしてすぐ、他のサカナとエビたちを蹴散らしはじめましたよ、と。
a0023174_23305906.jpg事前にカクレクマノミがタマイタイソギンチャクに馴染んでくれていて助かりました。いや、助かったのはカクレ自身なんだけど。

ニセモチノウオは、テキトーに対処してくれてます。
スカンクシュリンプは、隠れがちになってしまいました。

ま、おおよそ予想通りの展開でございましたな。


[PR]
by onionjk | 2016-07-29 23:44 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:タマイタ導入から2週間

a0023174_14224204.jpg6/30に導入したタマイタダキイソギンチャクは、翌々日に水槽の左奥隅に定着しました。あんまりフラフラ移動しないでくれたのは良かったのだけれど、パワーヘッドに近いのがヤな感じ。

水槽用クーラーがないため、水温は気温任せ。なんせ事務所なんで、夏場の人間不在時で32度まで水温が上昇し、室内エアコン運転時に26度で安定する感じでしょうか。この高温と温度変動の大きさもあって、この時期のイソギン導入には消極的だったのですが、幸い溶けもせずに快調に開いています。ただ、だんだん色白になってきているような…。そのうち刺身でもくれてやるかな。
a0023174_14224243.jpgちょっと意外だったのが、タマイタに対するニセモチノウオの警戒心の薄さ。ヒネリ水流のパワーヘッド(Hydor コラリア ナノ)の影響で水の流れが安定していない場所だというのに、相対距離1センチを切るほどイソギンに接近します。しかも、ときたまタマイタをツイばむような行動もしてるし。

タマイタの毒は大したことないことを認識しているのか、あるいは、繭を作って寝床をこしらえるほどだから皮膚の粘膜が強いのか。いずれにしたって、そのうち事故が起こって食われやしないか、見ている方は気が気でありませぬ。
a0023174_14224299.jpgタマイタ導入直後には全く関心を示していなかったカクレクマノミは、1週間ほど前から時たまタマイタに立ち寄るようになりました。なんとなく夜の寝床にしているような気配あり。入り方はかなり浅いです。

自分がタマイタの近くにいるときは、タマイタに近づくニセモチを気にしている感じですが、積極的に追い払う様子は見せず。「あっち行け!」というより「ちょっとどいてもらえないかしら(おずおず)」な感じ。
a0023174_14224200.jpg他の生物全般に積極的排他主義を貫くミスジリュウキュウスズメダイは、今なお隔離中です。カクレがタマイタに入るようになったので、ぼちぼち解放してやろうかなと思っているものの。水流と暗がり具合がちょうど良いのか、カクレやスカンクシュリンプが隔離小屋近くでノホホンとしている時間が長いのですが、それらに対して「テメーやんのかコラーおー!」とトサカ(背びれ)を立てて威嚇しているミスジの姿を目の当たりにすると、なかなか決断できずにいたりして。
a0023174_14224206.jpgそんな中、当のミスジは着々と脱獄準備中。間もなく、隔離網に十分な大きさの穴が空きそうです。がんばれ、クーラーキング。脱獄できたらマックイーンと呼んであげよう。

ちなみに、サカナ達の力関係は、カクレ < ニセモチ <<< ミスジ な感じ。暴君ミスジに対して、攻勢防壁タマイタを巡らせたカクレと、小さいくせに気が強くて隠れ上手なニセモチであれば、狭い水槽でもバランスは取れるんではないかなと期待しております。ちょっと心配なのがスカンクシュリンプ。ミスジにヒゲを齧られるくらいで済めば良いんですけどね。


[PR]
by onionjk | 2016-07-16 15:20 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:主の選択を見誤った結果。

a0023174_22513525.jpg事務所水槽を仕切り直してから1週間の間、暴君ミスジリュウキュウスズメダイの頭を押さえるサカナは何にしようかと考えていたわけです。どうにも短命に終わってしまう小型ヤッコを除外すると、案外ムツカシイ。悩んだ結果、比較的穏やかな性質のカクレクマノミの大きめ個体を飼うことにしました。で、10日前に買ってきたのですが…。
a0023174_22513564.jpg完全に目測を誤りましたー。

サカナ屋の水槽でチッコイ個体と同居してたから、大きく見えたのですね(しかもカクレって尻尾まで色づいて長く見えるから…)。ミスジと比較して、体長は互角だけど、体高が半分くらい。完全にイジメの対象になるサイズ。しかも、ふた回りは小さいニセモチノウオに遠慮してるし…。性格良すぎ…。
a0023174_22513513.jpgで、仕方ないから、カクレの避難所、もしくはミスジの行動を制限する障害物としてイソギンチャクを導入することにしましたよ、と。

今日、昼飯を買いに行った道すがら、ちょうど良いカンジのタマイタダキイソギンチャクを見つけたので、サクッとお買い上げ。予想通りというか、カクレは無関心。むしろニセモチの方が、なんかアブネーものがあるなドコまで安全圏なんだ、ふうに興味津々でした(笑)。ミスジを隔離小屋から出すのは、もうちょい先にしましょ。
a0023174_22513541.jpgちなみに、天然海水による水交換をしているうちに、いつの間にか直径1センチほどのイソギンチャクが紛れ込んでました。雰囲気的には、サンゴイソギンチャクぽい。

今まで混入してきた生き物といえば、ホヤとゴカイを除けばセイダカイソギンチャク(通称カーリー)や小さいシャコなどの厄介者だけでしたから、本当にサンゴイソギンだったとしたら、ちょと嬉しい。てか、そもそものところで、20Wの蛍光灯2本だけでイソギンが育つのに十分な光合成が出来るのか、設備面に不安があるんですけどね。以前、タマイタがいた時は 60cm LED を併用していたのだけれど、壊れちゃったから…。ま、例によって様子見様子見ー。


[PR]
by onionjk | 2016-06-30 23:31 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:白点病からの仕切り直し

a0023174_22223164.jpg白点病蔓延のため6/1に隔離水槽を立ち上げて、サカナたちが不在になった本水槽はどうなっていたかというと、ヤドカリと貝たちが常世の春を楽しんでおりました。おかげでライブロックについた藻類が激減♪

悲しいかな、白点病が蔓延した原因については心当たりがありすぎて困ってしまうのですが、その一つに水槽を大掃除して一気に生体を増やした挙句に、積極的に粒エサを食わなかったナメラヤッコのために冷凍ブラインシュリンプを与え続けた結果、水の浄化が追いつかなくなっていた可能性が挙げられます。
a0023174_22223182.jpgこのため、サカナを隔離した後、富栄養な水を一気に交換するのは控えて、保険でスキマーを動かしつつも分解者たちを鍛えてみることにしたのです。また、どうせしばらく空き家になることもあり、上層の底砂を攪拌して白点虫のシストたちを叩き起こしてありました。さらに、ヒコサンZが混じった水でもあるので、さすがに2日に1回8リットル程度の換水でイロンナモノを薄めつつ、という条件でしたけどね。計算上、本日6/12(日)時点で17.5%まで薄まっているはず。
a0023174_22223190.jpgサカナが不在になって追加される有機物(エサ)がなくなり、排出される有機物(フン)も減少したおかげか、水自体は以前よりもキレイになった「印象」。一方、6/10(金)にストレーナーのスポンジを洗ったところ、妙にヘドロ臭がしたので(恐らく攪拌した底砂から巻き上がった有機物と思われ)、外部フィルターを洗うことにしました。

給水側パイプから抜いた容器内の水は大して汚れておらず(写真・左)、ろ材を洗うのは面倒だから止めて、排水側の細目フィルター(上の写真)の洗浄だけにしときました。こいつはさすがに汚れてて、軽く揉んだだけで水まっ茶色(写真・右)。
a0023174_22223163.jpg手始めに、クマノミが他界してから隔離水槽内でニセモチノウオにいじめられていたスカンクシュリンプを移植。
a0023174_22223168.jpgそして、いろんな意味でタフなミスジリュウキュウスズメダイを、パイロットフィッシュというか炭鉱のカナリヤ扱いで移植。さすがに隔離水槽で使っていた道具をそのまま持ち込むのは憚れたので、隔離ネットは新規購入であります。
a0023174_22223202.jpgちょっと気になっているのが、スキマー排水の色。元々の水槽内の水は結構薄まっているはずなのに、エサも追加していないのに、意外とイイ色してやがるのです。貝とヤドカリのフンで色づいているのなら、良いのですけどね。分解者たちがサボってるんだとすると、困るなぁ。

ま、いずれにしたって、またしばらく様子見でありんす。

しかし。つい流れで洗っちゃったけど、外部ろ過装置のフィルターは新しいものに交換すべきだったな…。


[PR]
by onionjk | 2016-06-12 23:23 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)

60cm水槽:白点病、収束す。だがしかし…

a0023174_22515214.jpg土曜日に淡水浴と水交換をして、月曜日に出社してみれば。
白濁していたクマノミくんの目が透き通っておりました。

これは立ち直るかも、と期待を抱きつつ迎えた火曜日。

泳いでいる時は問題ないのだけれど、底で安静にしている際に水平を保てず、頭を下にしてヒレでバランスを取ろうとしている。この状態に陥ると⭐️になるケースが多かったので、念のため(他のサカナとともに)淡水浴と水交換。
a0023174_22515492.jpgだがしかし。翌朝⭐️になってました。享年4歳8ヶ月+α。外見的には回復に向かっているように感じられたのだけれど、体内をヤられていたんだろうなぁ。

ともあれ、クマノミの死で傷んでいるであろう隔離水槽の水を全交換。結局、新規追加したスカンクシュリンプはサカナ体表のクリーナーとしては機能しなかった様子(個体差あるよなー)。業を煮やしたクマノミに齧られたらしく、触覚3本、短くなってました。

残されたミスジリュウキュウスズメダイ(5歳半越え)とニセモチノウオは外見も動きも問題なさ気なので、白点病自体は収束した模様。あとは60cm水槽の状態次第だな…。


【追記】
これまでの記述が表層的に過ぎたかな、と思ったので補足します。今回の白点病対策の主眼は「白点虫を魚体および水槽内から枯渇させること(増殖と再罹患を防ぐこと)」にあり、「患者を治療しようとした」訳ではありません。てか、後者は自然治癒に任せるしかないですものね。淡水浴に関しては、白点虫が付着した直後ないし離脱する直前にしか効果を期待できない上に、患者にかかる負担が大きいと思われるので、微妙なところもあるのですが、どんな生き物だって体に異物がつきゃ気持ち悪く感じるだろうさ、少しでも落とせるものなら落としてやろうさ、という頭で実施した次第。スカンクシュリンプの導入も同様にて。


[PR]
by onionjk | 2016-06-08 23:25 | いきもの係(水中篇) | Comments(0)