DAIHATSU NAKED:リモコン・キーの電池交換

a0023174_14503036.jpg中古で買ったダイハツ・ネイキッド(H12)のキーレスエントリー・キーの電池交換をしたので、手順を写真掲載しておきます。まずは状況から。

9月中旬に納車したときからカギの調子が悪くって、ボタン操作によるドアロックの旋錠・解錠ができたりできなかったりといった症状が続いていました。たぶん電池側の問題であろうとは踏んでいたのですが、部屋でしばらく放っておくと機能せず、運転直後だと機能する傾向にあったので、ひょっとしたら車両からの充電式なのかなー、だったらディーラー対応かなーと面倒くさがって放置していました。

そのうち増々症状が酷くなってきたので、初めてちゃんと調べてみたら、市販のボタン電池であることが判明。それならば、ということで早速自分で交換することにしました。

※以下の掲載内容は私のクルマの事例であって、年式やグレードによって構造や電池の種類が異なる可能性があります。作業にあたっては各自の判断&責任にて!

---

a0023174_14593855.jpg必要な工具は、プラスの精密ドライバーのみ。写真の矢印の先にあるちっこいネジを外します。外す時も締める時も、山をなめたり落として無くしたりしないよう、ご注意を。


a0023174_1524556.jpgネジが外れたら、紛失しないように確保。続いてカギのプラ蓋外し。最初、側面の接合線から指の爪を使ってバラそうとしたのですが巧くいかず、試みに机の上でトントンと叩いているうちにパカッ!と割れて部品がバラバラっと落ちました。幸い部品数の少ない簡単な構造だったので、元の位置が分からなくなるようなことはありませんでしたが、ほんの少し、心臓にわる!


a0023174_15222346.jpg電池ブロックのテープをゆっくりと剥がして電池の向きを確認。私の場合、この状態で電池の型番「CR1216」を確認し、テープの接着面が乾かないように元に戻してから電池を買いに行きました。近所のDeoDeoで220円也。

電池を買ってきたら再びテープをめくって電池交換。写真だと左下の方に電池の+側接点を兼ねたツメがあるので、変形させないように注意。電池交換が終わったらテープを元に戻して再密着。ひしゃげたサクランボのようなボタン部品を本体の穴に合わせて載せ、その上からボタン接点を下(電池側を上)にして電池ブロックをハメコミ、フタをしてネジ留めしたら、作業完了。 ちゃんと機能するか、実地確認いたしませう。


---

私のカギは内部がずいぶん汚れていたので、組み立て前にダッシュボード用の洗浄ツヤ出し剤を少量つけたティッシュでキレイキレイしてあげました。たった220円でストレスフリー。コストパフォーマンス高いなぁ(笑)。
[PR]
by onionjk | 2009-10-09 15:40 | クルマの話 | Comments(2)
Commented by エセ関西人 at 2009-10-23 21:08 x
バッテリーお買い上げ有難うございます。
Commented by onionjk at 2009-10-23 22:10
図らずも「浄水器」もお買い上げ!


<< 自宅兼事務所 DAIHATSU NAKED >>