人気ブログランキング |

PENTAX DA 17-70mm F4:修理完了♪

a0023174_20380762.jpg本日、代引きでデッカイ箱が届く。
a0023174_20380723.jpg7/26 に修理に出した、DA17-70mm が戻ってきたのでした。
て、やっぱ箱がデカすぎだろ(Amazon か)。

症状は AF モーターの作動不良で、処置内容は「ギアブロック」とやらの部品交換。
送料込みで 13,284円なり。
a0023174_20380706.jpg早速、動作確認。…なにやら動きが小気味良いぞ。3年前に中古でレンズ本体を買った時よりも、良くなっているぞ。やはり、モーターは消耗部品なんだなぁ。

などと感慨に耽りつつ、試し撮り。
a0023174_20380658.jpg
働けど働けど… じっと手を見る。
PENTAX K-S2 / DA 17-70mm F4
70mm, f4, 1/50, ISO800

いやね、このレンズを修理に出すに当たり、評判の良い HD DA 16-85 F3.5-5.6 WR へのリプレイスもチラと考えたのですが、F4通しってのは捨てがたいし、銀塩時代からのペンタユーザにとって馴染み深いトーンのレンズだし、やっぱ手放したくないな、と。例えウェブの仕事でたましか出番がないレンズだとしても、ね。


by onionjk | 2017-08-07 21:11 | Photoもの | Comments(2)
Commented by AKKI at 2017-08-17 12:33 x
AFモーターと手ぶれ補正はレンズにつけるべきか、ボディに内蔵すべきか。
Commented by onionjk at 2017-08-17 22:42
信頼性の高いモーターはボディに。静粛性の高いモーターはレンズに。その上で、どちらかが壊れたら、生きている方に切り替わるようにしてもらいたい感じ。古い単焦点レンズ持ちのペンタユーザ的には、ボディ内手ぶれ補正のメリットばかりだなぁ。手ぶれ補正を省いた極小一眼レフなんてモノをペンタが作ってくれたなら、それはそれで嬉しく悩むかもしれないが。


<< DAIHATSU NAKED:... ぶらり石川の旅(てほどの距離で... >>