オフィス犬、左脚ヲ故障ス

a0023174_20061737.jpg日曜の夜、ルチャの散歩に行こうかねと車で公園に向かいました。駐車場で車から降ろされ、歩道に上がろうとジャンプしかけたルチャがキャン!

(また)足の裏にトゲでもささったかな?と抱きかかえて調べてみても何も見当たらず、指や骨や関節をまさぐっても痛がる様子もなく、はてなのチワワ。歩こうとする意欲は見られたので降ろしてみたら、左脚を引きずっている。いくら大袈裟くんといえど、いささかヘンだったので、早々に引き上げることにしました。

帰宅後、細かく確認してみても、新たな発見なし。それでもやっぱり痛むらしい。立ち上がるのがツラそうだし、立ち上がっても歩きはヨタヨタ、ちょっとした段差で後ろ足を持ち上げられずにスタックする。ともあれ、一晩休ませてから様子を見ようと、早めに消灯。

翌朝になっても状態は変わらず。ばかりか、息を吸うときにブルブルしている。やっぱ痛いのね。そのくせ、食欲はいつもと変わらぬ旺盛さ。食欲を無くすほどまでに痛いわけではなさそうなので、その点ではホッとできました。しかしながら、会社近くの掛かり付けの病院は祝日でお休み。どこか、開いていないかとネットで調べてみたら、たまたま自宅から徒歩5分の病院が午前中だけ営業中♪ これをラッキーと言わずして何と言おう。

結果、膝ウラの靭帯が損傷している可能性が高い、と。痛み止め併用で1週間安静!

靭帯損傷なんて、なにやらスポーツ選手のようだけど、十数センチの段差を上がろうとして傷めているんだものなぁ。ちょっとしたときにギックリ腰をやりがちな私にしてみれば、ルチャよ、お前もか…といった気分。

掛かり付けのお医者さんにも言われていたんだけど、どうもコイツは後ろ足の膝蓋骨に問題があるらしい。実際、子供の頃から大きなジャンプをしたことがない(いま5歳半)。今回お世話になったお医者さんによれば、レントゲンを見る限り先天的に後ろ足(の大腿骨)が捩じれていて膝蓋骨が慢性的に脱臼しているような状態だよ、それで膝裏の靭帯に負荷がかかりすぎているんだろう、と。そして、お二方ともに言われたのが、太り過ぎ!3kg(以下)までダイエット!でありました。

ふだんの体重は 3.2〜3.5kg あたり。もともと気道が潰れ気味で呼吸が荒く、かつ、膝も悪いので、体重増がネガティブに働きやすいカラダなんですよね。たまたま昨年末から春先にかけてサナダムシに取り憑かれ、ちょっとした寄生虫ダイエットになっていたときで 3kg 弱。その体重を維持するつもりでいたのですが、サナダさんが退治された頃から食欲が増進し、そして同じタイミングで仕事が忙しくなって散歩時間が短くなった結果、3.5kg まで回復しちゃっていたのでした。

ケガに加えて食事制限たぁツイてねぇが、これもおめぇさんのタメだ。悪いが許してくんろ。


[PR]
by onionjk | 2015-10-12 21:14 | いきもの係(陸上篇) | Comments(0)


<< オフィス犬、回復中 SMC DA 21mm Lim... >>