PENTAX K-S2:なりゆき試し撮り(Planar T* 1,4/50 ZK 篇)

日曜日の試し撮りで標準レンズの画角をなんとなーく思い出して来たので、デジタル一眼ではほとんど使う機会のなかった 50mm レンズ、Carl Zeiss Planar T* 1,4/50 ZK を K-S2 に付けてのテストに切換えました。カメラの設定も、撮影の主旨も、液晶閉じての一発撮影もこれまで通りです。
a0023174_20375344.jpg
チワワの生態を撮るのにイイ画角なのかも
Planar T* 1,4/50 ZK, f4, 1/400, ISO100, +0.7EV

a0023174_20375492.jpg
露出補正は余計だったか…
Planar T* 1,4/50 ZK, f3.5, 1/100, ISO1600, -0.3EV

a0023174_20375452.jpg
実景は、暗ぁい夜空に木のシルエット、でした
Planar T* 1,4/50 ZK, f1.4, 1/10, ISO1600

a0023174_20375419.jpg
しっかし、夜目が効く組合わせだなぁ
Planar T* 1,4/50 ZK, f1.4, 0.3", ISO1600


以前から使いあぐねていたのが中望遠域。これがズームだったら、広角から寄ってって対象を絞り込むような使い方になるのでさほど気にならないのですが、単焦点だと最初の距離感を計りかねてストレスになるんですよね。そうして、デジタル一眼ではほとんど使わなくなった 50mm レンズ。

かてて加えて、このレンズは昨年の久々の出番で撮影前に落っことしていたので、まぁ、なんというか、今日は色んな意味での「テスト」となりました。結果、問題なさそうだよ、と。本体の質感も、フォーカス時のトルクも、そして描写も心地よいレンズですからね。心底、ほっ。

K10D からの乗り換えという世代ギャップはあるのかもしれませんが、K-S2 とこのレンズの組合わせで驚いたのは、暗闇での強さ。3〜4枚目の写真は完全にカメラ任せ(絞り優先・マルチ測光)で撮影していたので、明るめに振れることは予期していたものの、ここまでシャープに撮れて色ノリが良いとは思うだにしませんでした。

また、最後の写真はどうせ手ぶれしているんだろうと思っていたのに、そこそこ普通に撮れてる。シェイクリダクションの機能向上もありうる話だけど、K10D よりも心持ちミラーショックが少ない印象があるので、そこらへんも効いているのかな、と。同じシャッター速度で撮った、K10D + DA21mm リミの組合わせでは、ブレてモヤっとしてましたから。

三脚なしにここまで撮れるなら、学生時代、夜の写真をパチパチ撮っていたクセに、すっかり夜景撮影のコツを忘れきっているこの現状をどうにかせねば。そして、中望遠域を覚えなきゃ(笑)。


[PR]
by onionjk | 2015-08-18 22:13 | Photoもの | Comments(0)


<< PENTAX K-S2:なりゆ... PENTAX K-S2:なりゆ... >>