DAIHATSU NAKED:リヤハブのベアリング交換

a0023174_22101285.jpg4月のはじめ頃だったか。スピードに乗ってくると、後輪からヴ〜〜〜という唸るような音が出てくることに気づきました。そのうちちゃんと調べてやろうと思ってから1ヶ月以上経過し(…)、60km/hを超えると耳につきはじめ、80km/hあたりで五月蝿いと感じるレベルまで速度に比例してボリュームアップ!

音の出所が右からか左からかは判然としないのだけれど、いずれにしたってタイヤかハブベアリングのどっちかが原因なんだろうと当たりをつけて、まずはタイヤからチェック。が、交換から3年が過ぎ、表面に細かいヒビは出始めているものの致命的な損傷は見当たらず。
a0023174_22101557.jpgそして先週の月曜日、高速道路を使う機会がありました。80km/hを超えると車体まで箱鳴りしはじめて車内の音楽が聞こえなくなるほど。しかも、高速走行が祟ったようで、翌日明らかに異音が大きくなっておりました。こりゃまずハブベアリングの傷みが原因だろうと、2日後の木曜に修理に出しました。

結果、後輪左右ともベアリング(内外)交換。古いベアリング4つを指で回してみたところ、うち1つが明らかに動きが渋くなってました。そして車を走らせてみれば、静かぁ〜〜。宙に浮かんでるような乗り心地♪ でも後輪がこんなんじゃ、遠からず駆動輪である前輪も、かな。浮かれてばかりもいられないや。
a0023174_22101871.jpgさて、修理中の代車は初代ミラ・ジーノでした。代車といえばマイカーよりも古いボロ車が通例なんだけど、走行距離が16万キロを超えた初期型のネイキッドじゃ、逆転することしばしばです(笑)。

そのジーノ、当然のごとくATであることは横に置いても、やっぱり重心の低い車は運転してて面白いなぁ。でも、低い座面は腰痛持ちにはキツイわぇ。MTが出るならアルトターボRSも良いなぁとは考えていたものの、腰と嗜好を考慮すると、いずれ買い替えることになったらハスラーしか選択肢がないのかな。軽のMTに拘っている限りは、ね。


by onionjk | 2015-05-22 23:11 | クルマの話 | Comments(0)


<< HONDA MD90:バッテリー交換 MacBook Pro(Lat... >>