HONDA MD90: 春の大清掃#1 サビた部品の取り外し

a0023174_20145750.jpg3月中旬、MDのミラーを交換してイイ気分になっていたところへ水を差していたのが、錆。サビたバイクなのか、サビがバイクなのか良く分からない姿をさらしていましたから…。

ということで、3月末、思い切ってサビ退治に励むことにしました。
a0023174_20150827.jpgまずはエアクリーナーカバー。

表側は「ちょっと傷んできたかな」くらいでしたが、ウラ側はサビサビでした。
a0023174_20145995.jpgマフラーは、外側の手が届きやすい範囲を除いて、サビで覆い尽くされていました。エンジン側のエキパイは、指でこすっただけでサビがボロボロ落ちてくる始末。さらにそのメッキカバーは、ボルトもバンドもサビで固着して完全に融合しておりました。
a0023174_20150664.jpgステップもサビで溢れてボロボロ。

本当は、目につき易いエアクリーナーカバーとステップだけキレイにしてやるつもりだったんですけどね。コイツを外すのに、マフラーを取り外す必要があったと。
a0023174_20151162.jpgと、いったあたりのサビ落としをしているうちに、せっかく邪魔なマフラーがない状態なので、ついでに後輪やチェーン&スプロケ周りも整備してやろうかなと思い立ったのが翌週末。

リア側クランクケースは、塗装がブックブク状態。またしても鉄サビかと思いきや、実はアルミ製。金属表面から塗膜が浮いてきていた模様。地肌が露出している箇所は、盛大に粉を吹いていました。
a0023174_20151403.jpgそしていざ後輪を取り外そうとしたら、ブレーキ周りのナットが全く回らず。しかたがないので、そのまま車軸を抜いて、後輪を傾けながらファイナルドリブンだけ引っこ抜きました。かなり無理矢理というか、ヤケを起こしましたですはい。

そして、これまた固着したスプロケのナットを外すのに試行錯誤すること4日間。無事外れたときのスッキリ感は格別なものでありました。

てな感じで、次回は錆び落としの巻


by onionjk | 2014-04-12 20:52 | バイクの話 | Comments(0)


<< HONDA MD90: 春の大... Columbia: Shast... >>