Protone VSP-16 ドア・スピーカー

a0023174_17324134.jpg正月のバーゲンで購入した「Protone VSP-16」。同価格帯の「FUSION FSN-160T」と置き替えることにしました。ちなみに、ネイキッドにはリアスピーカーの「VSP-04R」とセパレートツイーターの「VSP-03T」を取り付けてありますから、これで音の出はProtoneブランドで統一されることになります(メインユニットはカロの「DEH-P640」)。

・スピーカー形式:同軸2way
・インピーダンス:4Ω
・定格入力/瞬間最大入力:12W/60W
・出力音圧レベル:90dB
・再生周波数帯域:40〜20,000Hz

低音側がFSN-160Tより10Hz低い点が購入動機のひとつ。信号の入力値は純正品並みで、リアにつけたVSP-04Rと似たり寄ったりです。

a0023174_17324334.jpgFSN-160Tと並べたところ。

FUSIONシリーズは見た目の派手さを売りにしている気配が濃厚なので比較するのもアレですが、VSP-16は地味ながらも艶やかなコーンの質感が少し嬉しい感じです。値段が値段ですから、特に。


a0023174_17324536.jpgウラ側の比較。ドライバー部は、VSP-16の方が直径で1cm程度・大。手に持った感触でも、VSP-16の方が少し重たい感じ。「スピーカーは重いモノを買え」という言い伝えが、イマのスピーカーの、それも箱なしの状態でどれほど有効かは知りませんが、なんとなく好印象。

ちなみに。FSN-160Tのウラに貼られたシールには「10cm COAXIAL MOUNT SPEAKER」と記されています。そう言われて眺めてみると、正面の赤く塗られたコーンを黒い部分で無理矢理延長して16cm対応させているように思えてしまう。どうせ中国産の低価格商品ですから単なる誤植の可能性が大きいとはいえ、装着したときに何となく引っかかっていたポイントでした。なお、VSP-16も中国産です。


a0023174_17325138.jpg付属のケーブルと、前面用のクッション。

スピーカー・ケーブルは、たまたま端子の形状と極性がFSN-160Tと同じだったので既設品を流用することにしましたが(だって面倒なんだもの)、VSP-04RやVSP-03Tに付属していたケーブルよりもしっかりとした、真っ当な代物でした。チラシでは新商品扱いされていたので、新ラインアップからオートバックスが気を利かせた可能性はあるとはいえ、単に短い分だけ良いものを使っているだけの可能性も否定できませんね(笑)。

a0023174_17324787.jpg付属のパッキンを背面に取付けたところ。このパッキンも真っ当な代物でした。

ドアとの締結箇所3点にカッターで切り込みを加えてやります。


a0023174_17324963.jpgドアに取付けたところ。今回はドア側に追加処理を施すことにしていたため、左側を取り替えた段階で左右の異なるスピーカーを同条件で聞き比べてみました(ただし、VSP-04RとVSP-03Tもアクティブな状態)。

中音域が薄く低音部がやや強めでメリハリのあるFSN-160Tに対し、VSP-16は中低音の出方は良いものの少しボンヤリとした感じ。ビート主軸でロックを聴くならFSN-160T、ボーカル主軸でR&Bなどを聴くならVSP-16、といったところでしょうか。私は後者の比率がやや高目なので、結果オーライです。

いずれにせよ(どちらも)安価なスピーカーなので、対費効果は十分。所詮、軽自動車、所詮、ネイキッドで流す音楽ですから。


a0023174_17325320.jpgさて、使わなかったクッション・テープは、ハンドル下のカバーの緩衝剤として利用。購入時点から信号待ちなどでアイドリングしているときにガタガタしていた箇所です。以前は3割くらいの発生頻度だったので余り気にしていなかったのですが、最近では8割くらいの高頻度。さすがに鬱陶しく感じておりました。

効果はテキメン。ただし、厚みが増えてフックのカカリが強くなってしまった分、カバーが外しにくくなってしまいました。まぁ、そうそう脱着する機会もありませんから、これまた結果オーライです。
by onionjk | 2013-01-06 18:43 | クルマの話 | Comments(1)
Commented by 石野一郎 at 2018-02-09 21:39 x
「プロトーンVSP-16」取り付けました。スピーカーの土台が、なんと、スピーカーより高価ですので、自作しました。近所の「カインズホーム」で、木辺の切れ端を買い、加工できました。穴あけから加工で、およそ6時間ほどかかってしまいました。


<< DAIHATSU NAKED:... DAIHATSU NAKED:... >>