LOGOS:SURMOUNT 30

a0023174_22303378.jpgん十年ぶりにザックを新調しました。と言っても、タバコの景品で当てたのですが(笑)。それが、ロゴスのサーマウント30。18リットルのデイパックに収まりきらないとき用として手頃な容量(30L)だったので、ロクすっぽ調べもせずにポチポチ応募ボタンを押していた次第。で、ブツが届いたから確認しよう、そうしよう、と。
a0023174_22350215.jpg後から調べてみたら通販で1万円強という、この手の商品の中では安価な部類らしい。さりながら、割り切った感はあれど、素材や縫製に安っぽさは(余り)感じませんでした。なんせ景品としてラインナップされるくらいの商品だったので、そこらへんに不安を感じていたのですけれど、ぜんぜん許容範囲。

見て触った範囲では「軽く・動きやすく・手頃な価格で」が優先されている風。背負った感触は良好で、本体が細身なだけに腕・肩の自由度が高いです。
a0023174_22350256.jpgメインは1気室でアクセスは上方からのみ(つまり、ただの袋)。それ以外にもポケットはあれど、最小限かつ作りがいささかチャチなので、とりあえず小物を入れられる場所はなくはない、程度。ボディ外側に重量物をくくれるような構造物は何もなし。天蓋のロックがベルト2本なら何かしら(私の場合は主に寝袋の)固定のしようもあるのだけれど、短めの幅広ベルト1本止めのため、それも不可。よって、本体内だけで荷造りを完結させなくてはならない。超コンパクトな寝袋ユーザーでもない限り、「デッカいデイパック(日帰り専用ザック)」という存在かしら。
a0023174_22303636.jpgあとは、小枝に引っかけやすいメッシュ地の多用が気になるものの、細身だから避けやすそうな(不意打ちが少なそうな)気配はあります。いまどき装備としては、スマホのヘッドフォンの通し穴やら、パッキングした水筒からの給水ホース通し穴やらがあり(私ゃ使わんけど)。そうそう、底に収納されているレインカバーは意外なほどしっかりした生地が使われてました。

総じて。日帰りハイキングなら、全然オッケーな商品じゃねぇかな、と。背負う派ならオフ車の連泊ツーリングにも向いてそう(テント泊じゃなければね)。ただし、この手のアイテムは「高いモノほど良い」のが通例で、かつ、ユーザーによる後付けの工夫を受け入れてくれる度量もないので、価格なりのある種の割り切りは必要になろうかと。私自身は「タダでもらった、デッカいディパック」としてありがたく使わさせていただきます。


[PR]
# by onionjk | 2017-07-15 23:59 | Monoもの | Comments(0)

カビ退治、カービ退治(またしても森高ふう)

a0023174_20071723.jpgしばらく更新をサボっているうちに、沖縄は梅雨が明けましておめでとうございます。そして、面白いことに、いや、全く面白くないことに、梅雨が明けてから事務所に置きっぱなしにしていた革多めのカバンがカビに包まれました。よって、カビ退治。

最初に乾いたティッシュで目についたカビを払い、ついでスプレー式の殺菌剤(ただし期限切れ)を吹きつけてティッシュで拭い、さらにベランダで日干し。その翌日、粉が吹いたように再びカビに覆われて…。IKKOさんじゃなくたって「どんだけー」であります。
a0023174_20071665.jpg雰囲気からして、乾いたティッシュで撒き散らされた胞子が再付着したくさい。そこで今度は、天日干ししながら使い古しの歯ブラシで丁寧に擦り、作業後の歯ブラシはカビキラーのうえ乾燥保管。これを2日間繰り返しました。これだけやれば十分だろう。そう願いたい。だからもう許して。

沖縄の日差しのおかげで革がすっかり乾いてしまったので、本日ミンクオイルを塗り込んでやったところ。明日あたりウェスで艶出しして、カビの呼吸を断ち切るべく防水スプレーでコーティングしてくれようと考えています。

まぁ、通販の安売りカバンなので、あまり思い入れはないのだけれど、使えるモノは最後までキレイに使いたいですものね。つけ加えるならば、期限切れの殺菌剤に効果を期待しちゃダメよ、と(笑)。


[PR]
# by onionjk | 2017-06-29 20:31 | 沖縄ぐらし | Comments(0)

キャメル、沖縄で売ってたんか。

a0023174_21501521.jpg今日、久茂地のデパート・リウボウに行く機会があって、駐車1時間無料券を頂戴しに向かったサービス・カウンターで見つけたのが、キャメル。2011年から沖縄を含む西日本での販売が中止になっていたはずなのに。きゃあ、あなた、太ったわよ、くらいに久々の対面でございました。もっとも、現在国内で売られているキャメルは米国オリジナル版とは全くの別物のドイツ版だから、久々と言っても語弊がある感じではありますが。なんとなーく、リウボウのタバコ売り場はアンテナショップぽい気配があったので、一般流通とは別ルートなのかなという気はしたものの、帰りがてら事務所近くのコンビニに立ち寄って「もしあったら入れといて」と頼んでおきましたとさ。顔なじみになると、こういうリクエストがしやすくなりますな(笑)。
a0023174_21501599.jpgタバコの話題で脱線すると、学生当時に栄町で買った銅製の灰皿に穴が開いていたことに先日気づきました。いや、やけに灰が散らかるなと思ってたんですよ。はてなの灰皿じゃなくて残念。さすがに四半世紀以上も使っていると、健康に悪そうな緑錆が浮き出てイイ雰囲気になってたんですけどねぇ。さりながら、取り立てて愛着があったわけでもなく、不燃物としてポイ。壊れるまで使う、壊れたら捨てる。これ、ジャングルの常識。


[PR]
# by onionjk | 2017-03-12 22:12 | 沖縄ぐらし | Comments(1)